扇風機などのエコ家電を活用しよう

エコ家電の代表と言えば扇風機

扇風機などのエコ家電を活用しよう
また暑い夏がやってくる。あんまり寒いのも辛いが、寒さは重ね着することである程度耐えられる。でも暑いからと言って脱ぐのには限度がある。世間では電気代の値上げの影響もありエコ家電が大人気だ。もちろん二酸化炭素排出削減の観点からのエコ家電でもある。そんな中、一昨年から夏のエコ家電として扇風機が大人気だ。一昨年は品切れ続出で中々買うことができなかった。メーカーも時代はエアコンに移っていたのであんなに売れるとは思っていなかったんだと思う。自分も久しぶりに扇風機を買ってみてビックリ、昔のイメージそのもので驚く位変わってなかった。いや、厳密には昔持っていた扇風機にはリモコンはついてなかった。自分的にはタイマーがあるんだし、リモコンは不要な気もするが…。消費電力等も昔の物と大差なく扇風機は進化の終わった家電だと思った。それでも、エアコンと比べると10分の1以下の消費電力で使える扇風機は進化が終わっていても今でも立派なエコ家電として通用する。最近ではサーキュレーターと言うおしゃれな呼び方も定着しつつある。

でもそれだけでは終わらず、扇風機は再び進化を始めたようだ。従来の扇風機はACモーターと言う物で動く物がほとんどで、消費電力も40W程度なのに対して最近DCモーターで動く扇風機を見かけるようになって来た。これは最小風量なら3W程度の消費電力だそうだ。難しい電気の話は省くが十分エコ家電なはずの従来の扇風機の10分の1程度の電力で動くとは驚きだ。従来のAC扇風機とDC扇風機の風量を同じ程度にしてもDCの方が半分程度の消費電力だそうだ。これぞエコ家電!しかし、そんな夏場の究極エコ家電のDCモーター扇風機も問題が無い訳ではない。扇風機としてはちょっとお値段が高いのだ…。大体15,000〜20,000円程度で販売されている。それとまだ機種が少ないので選択肢が乏しい。専門家ではないのでDCモーターだとなぜ高くなるのか分からないが、今後、DC扇風機がもっと認知されてくれば機種も増え、価格もこなれてくるのだろうか?今年の夏はDC扇風機にちょっと注目して見たい。

ピックアップ情報

Copyright (C)2018扇風機などのエコ家電を活用しよう.All rights reserved.