扇風機などのエコ家電を活用しよう

扇風機などのエコ家電を活用しよう

節電のためには扇風機などのエコ家電を利用しましょう

扇風機などのエコ家電を活用しよう
東日本大震災を受け、日本国民は改めて原発の恐ろしさを身にしみて実感しました。また同時に、いかに多くの電力を享受し快適な生活にどっぷり浸かりきっていたのか、いかに多くの国民が原発に依存していたかと言う事も思い知らされました。そのため、原発はいけないとした国民の動きや、少しでも消費電力を抑えて環境に配慮して行こうと言う取り組みが頻繁に見られるようになっていきました。特に夏場というのは、各家庭やオフィスなどが一斉にエアコン等を使用する事で、莫大な量の電力を消費するのです。そのためCO2の排出量も増え、室外機などはフル稼働し、外気をより暑くするヒートアイランド現象が起こるのです。ヒートアイランド現象が起こると、よりエアコンの温度を更に下げ、もっと冷やそうとする動きがみられるのです。そのことで更にどんどん外気が暑くなっていくのです。まさに夏場は電気をたくさん消費する事で、ますます暑くなると言った悪循環に陥りやすいのです。

そこで夏場は、極力電気の使用を抑え、ヒートアイランド現象の抑止につなげようとする動きが顕著になってきました。エアコンの設定温度を高めに設定し、CO2の排出量を減らし、ヒートアイランド現象に陥らない努力が各家庭で震災後特に目立つようになってきました。しかしエアコンの温度を25度などにするとなかなか部屋が涼しくならず、生活しにくいのも事実なのです。そこでお勧めなのが扇風機をエアコンと併用する事なのです。エアコンの冷気と言うものは、部屋の上空に貯まりやすく、人間が活動する足元まで冷気はなかなか達さないのです。そこで扇風機を首フリ設定で使用する事で、上空に貯まった冷気を部屋中隅々に循環させることが可能なのです。そのためエアコンが25度設定であってもあまり不快感を感じなくなるのです。また扇風機自体の消費電力は、非常に少なく、環境と家計に優しいエコ家電であると言えるのです。またこのような併用で体をならし、徐々にエアコンを使わない生活に移行させていくのも良いと言えます。体が慣れてくると、扇風機だけでも充分涼むことができるのです。また夏場扇風機のみで涼む事を習慣化すれば、室外に出てもあまり温度差を体が感じなくなり、大量な汗をかいたり不快感を感じなくなっていくのです。本当に環境に配慮し、美しい日本を取り戻したいならば、扇風機や扇子、団扇などで涼をとる取り組みを真剣に実践して行くのも良いと言えるのです。

Copyright (C)2016扇風機などのエコ家電を活用しよう.All rights reserved.